初めての英語学習

初めからこんな事を言いたくはないのですが、英語は出来なくても海外でナンパは出来るし、夜遊びする事は可能です。

かくいう僕も海外に5年住んでいますが、2023年12月現在のTOEICは290点(中学一年生)レベルです。

I am japanese とかのレベルです。

色んな国の女の子と遊んでいますが、わりとみんな優しくてGoogle翻訳使って話そうよと言ってくれるので怖がらないで大丈夫です。

しかし、英語が話せた方が明らかに成功率は高いし、クラブナンパとかが出来るようになります。

僕が主戦場がネットナンパなのは英語が話せないからで、街中で綺麗な女の子を見つけても声かける事が出来ないし、その場で仲良くなる事も出来ないので悔しい思いも沢山しています。

なので、僕自身も改めて勉強をしたいと思っていますが、ここでみなさんに伝える事が出来るほどの英語力は持っていないので、本記事においては、英語が話せる友達二人に協力してもらって記載した内容になります。

友人①からのアドバイス

英語を勉強したいと思っているけど、何から始めたらいいのかが分からない。どのような方法で勉強進めていったらいいのかが分からない。

このような疑問や不安が原因となって英語の学習を遠ざけてしまっている人はいませんか?そんなみなさんもこの記事を読んでいただくと今日から英語の勉強を始めていくことができます。

英語学習の難しさ

英語学習の一番の難しさは、勉強の目的によって学習プランが大きく変わってしまうという点です。英語学習といっても皆さんは何のために英語を勉強したいと思っているのでしょうか?よく挙げられる例としては、学校のテストのため、検定のため、ネイティブの人と会話ができるようになりたいなどがあるでしょう。もちろん英語は本来言語なので、話せるようにならないと意味がありません。しかし、テストや検定を目的に英語を学習するのであれば、話すという勉強は後回しになります。これはあくまで一例ですが、このように英語学習では勉強の目的を立てることが一番重要です。

もし、特に目的がなくて困っているという人がいれば、その方はまずは「英語の基礎を固める!」という目標を立てていただいても大丈夫です。先ほど挙げた例に比べると少々アバウトな目標にはなりますが、大まかな目標を立てた後に、その目標を達成するために今月は何をすればいいのかな?などと目標を細分化していければ大丈夫です。では、目標が立てられたという人は次に進みましょう。

効率の良い英語学習方とは?

そもそも、英語学習と一括りに言っても、英語学習にはリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つの技能があります。

ですが、この4つの技能を一気に勉強しようとすると手が回らなくなってパンクしてしまう可能性があります。では、どの技能を主に勉強していけば良いのでしょうか?

実は、答えはリスニングなんです。リスニングを勉強することによって、その他の3技能もセットで学習していくことができます。

リーディングの勉強をする際、日本人は後ろから前に返って英語を読んでしまうという癖があります。なぜなら、日本語と英語では文法において異なる部分がたくさんあるため、英語を日本語の文法の順番に読もうとしてしまうと自然とそのような読み方になってしまうからです。しかし、そのような英語の読み方をしようとすると文章を読むために時間がかかってしまい、テストや検定において時間が足りなくなってしまうという問題が発生してしまいます。そこで、リスニングの勉強をしていくと、リスニングの音声は強制的に前から後ろへと流れていくため、前に返って読んでしまうという癖を解消することが出来ます。

また、スピーキングにおいても、リスニングの勉強の中で出てくる会話文を繰り返し聴くことによってそのフレーズを自分のものにしていくことが出来ます。ライティングにおいては、単語の綴りについては別途勉強が必要になりますが、熟語や文法についてはリスニングの中から学習していくことができます。

では、ここからは効率の良いリスニングの勉強法について説明していきたいと思います。リスニングの効率の良い学習法はシャドーイングを行うことです。シャドーイングとは、CDから聴こえてきた音声を真似して音読する学習法のことです。この学習法を行うことによって、リCDと同じスピードで英語を理解するための訓練をすることができます。また、スピーキングの対策としても活用できます。いくらリスニングでフレーズを勉強したとしても、やはり自分でそのフレーズを使用しないことには話せるようになりません。

また、慣れてきたらCDの音声を1.25倍速、1.5倍速にして聴いてみるのも効果的です。いきなり倍速で勉強をしようとすると難しいですが、何回も聴いて聴き慣れている音声であれば1.5倍速にしても案外ついていけると思います。

この勉強をすることによって、実際にネイティブの人と会話をしたり、リスニングのテストを受けたりする際に、速いな…と感じることを防ぐことができます。

英語勉強の注意点

英語学習において私が最も注意してほしいと思っていることは、すべての勉強において必ず音読を行うということです。いくらたくさんの単語を学んだとしても、それが正しい発音で覚えられていなかったらリスニングで聞き取ることが出来ません。また、長い英語の文章を読む際に、目で文章を追っているだけだと読み飛ばしてしまう可能性があるかもしれません。

ここで、簡単にではありますが、例を挙げたいと思います。「許す」という意味の単語に「allow」がありますが、これは何と発音するか分かりますか?おそらくほとんどの人が「アロウ」と発音するでしょう。しかし、正しくは「アラウ」なんです。これを知らずにリスニングの音声を聴いた場合、「アラウ?なんだろう?」

ということになってしまいますよね。なのでやはり正しい発音で音読をするという勉強が必要なんです。

ここまで読んでくださった皆さんならお気づきかもしれませんが、英語学習はすべての技能が線で繋がっています。そのため、「今日はリーディングの勉強をしたいと思っているから音読は別にいいや」ではなく「リスニングの為にもなるし、スピーキングのためにもなるから音読も頑張ろう!」という気持ちを持って勉強に取り組んでいただきたいです。

始めて英語学習をする方にとっては少し厳しいと思われるかもしれませんが、最初の段階からこのやり方で学習を進めていく癖をつけておくことがゴールへの一番の近道になります。

おすすめの英語学習教材

ここからは、英語学習初心者におすすめの教材をご紹介したいと思います。先ほど、一番大切な勉強はリスニングだというお話をしたので、ここではリスニングの教材を取り上げたいと思います。

私がおすすめする教材は、YouTubeで視聴することができるKendra’s Language Schoolというチャンネルです。このチャンネルでは、初心者から上級者まで使用することのできる英語の聞き流し音声が数多くアップロードされています。動画の流れとしては、はじめに英語の音声が2回流れた後、日本語訳が流れ、最後にもう1回英語の音声が流れるという作りになっています。英語の音声はすべてネイティブの発音となっているため、独特な癖などはなく比較的聴きやすくなっています。

このチャンネルの活用例としては、音声が流れた後に続けて自分で発音をしてみるシャドーイング、日本語訳が流れる前に自分で日本語を言ってみる、耳で聴いた英語を見ずにノートに書いてみるディクテーションなどの勉強に活用できます。また、動画によっては長さが10時間近くあるものもあるので、勉強中だけでなく、日常生活の中での作業用BGMとして英語を聴くこともできます。

さいごに

今回は英語学習初心者の人は何から始めることによって効率よく勉強を進めていけるのかについてお話ししていきました。

ここまで読んでいくに連れて、やっぱり英語学習って簡単ではないんだなと思った方もいるかと思います。しかし、最初から完璧に英語が出来るようになんてなれるはずがありません。英語学習は国語や数学以上に積み重ねが必要な勉強です。

「周りの人はこんなに出来るのに自分は何で…」などと考える暇があったらとりあえず手を動かしてみましょう!それが一番の近道です。

皆さんが英語が得意だと胸を張って言える日が来ることを願っています。

友人②

誰もが英語と向き合っている時代

今では当たり前になりつつある英語を学ぶ、ということ。小学校での学習スタートも早まり、子供も大人も「改めて英語に向き合う時代」になっているのではないでしょうか。現在20代の私がまだ学生の頃ですら、初めてきちんと英語に向き合うのは中学生になってからでした。私は、中学校・高校・大学生になるにつれて、英語の虜になり、大学時代には留学を経験しました。そんな私は、お子さんがいる知り合いのお母さん方から、「子供の英語学習について悩んでいる。」「子供に教える前に自分の知識が追いついていないから、学び直さないといけない。」「どんな風に勉強したらいいのか、教えたらいいのか分からない。」という相談を受けることが多くあります。

英語に初めて触れてみたい!と年齢問わず考えている方が多い今だからこそ、どんな点が英語を難しいと感じさせてしまうのか、どんな勉強方法が、効率がいいのか。どんな点に気を付けながら英語を習得していくのがいいのか。私の経験談を元に、改めて考えていきたいと思います。

英語を学ぶってここが難しい

私がこれまで英語を学んでくる中で、一歩上のレベルを勉強するたびに新たな壁にぶち当たっていた思い出があります。英語の壁を知らなかった中学生のとき。私は初めて英語を学び、新しい単語・発音・文章に触れることに楽しさを感じていました。皆さん最初はそうかもしれません。新鮮さ、そしてきちんと1つずつ、単語と文法を覚えれば、テストで点数も取りやすい。英語って最高!と思っていました。

  1. いざ英語を使おうとするとぶつかる「Speaking」の難しさ

    しかし、初めて英語の難しさを感じたのは「英語を使う」場面になった時でした。授業でも自己学習でも、「単語」「文法」をきちんと覚えていたはずなのに、いざ使うとなると思うように言葉がでてこないのです。英語を勉強するときに「Writing」「Listening」「Reading」「Speaking」の4技能がよく挙げられます。特に私は、Speakingが大の苦手でした。しかし、日常生活では最も大事な技能といってもいいと思います。どれだけテストで100点をとっても、話せないから意味がないじゃないか、そんな風に悩みました。学校でスピーキングの練習がないわけではありません。ただ、圧倒的にリーディングや暗記が多く、話すスキルを身につけることに難しさを感じていました。

    ちなみに、この悩みは高校生まで続きます。修学旅行で、京都で外国人と1時間ほど観光をする、というアクティビティがありました。英語は大好きで、人一倍勉強していた自信があった私はここでまた、大ショックを受けます。なんで、話せないんだろう。この悔しさが原動力になり、後々留学に行くことになります。

    ここで私は、「使える英語を学ぶ」重要性を痛感し、自分なりの学習方法と英語を使う時のメンタルを学ぶことになります。英語初心者の方も、英語を勉強しているけど、話せるようにならないという方にも、おすすめしたい学習方法を次の項目で詳しくご紹介します。
  2. 日本語とは大違いの単語と文法!

    このタイトル、それは当たり前のことだろうと思われるかもしれません。英語がこんなにも使えないのは日本人くらいだ、という話を聞いたことがあるのではないでしょうか?私もこの話がずっと耳に残っていて、恥ずかしいと思っていました。何とか学校の英語教育を変えれないものか、とも思いました。

    しかし、留学に行って驚きました。ヨーロッパの国々はそれぞれ言語が異なりますが、文法の構成は英語と同じだったり似ていたり。しかも、英語と似ている単語も多くあり、ほぼ同じじゃん!と思ったこともありました。ヨーロッパの方々が流暢に英語を話すことが出来るのは、母語と似ている、というのも大きな要因の1つだと思います。日本語はご存知の通り、全く異なる言語であるため、すんなりと英語を理解できないのも当たり前のことだと思います。

    SVOという文法構造は、日本語とは異なるため、スッと降りてくるのは非常に難しいことですし、日本語➡英語に時間をかけずに変換するのが難しいと感じる人が多いことも納得できます。そもそも全く異なる言語だからこそ、習得までの道のりに苦労してしまうことも多いと思います。特に海外の方と交流していると、なんで私はこんなにできないんだろうとマイナス思考になりがちですが、私は、全く異なる言語をコツコツ学んでいる自分を認めてあげることも重要だと思っています。

使える英語を効率よく学んでほしい

英語学習ってこんなところが難しい!という点をいくつか述べてきました。違う言語を学ぼうとすると時間がかかってしまう、中々思うように上達しないのは当たり前だと思います。

私は、語学検定でスコア・資格を取得するための勉強、時には上でも述べているような、話せるようになるための勉強など、様々な角度から英語に触れてきました。そんな私がおすすめしたい勉強方法と英語を学ぶ時のメンタルの維持の仕方をご紹介します。

  1. イメージとセットで単語を覚える

    単語や熟語を覚えるとき、単語帳で必死に繰り返し暗記していました。もちろん、広く語彙力を身に着けたい時に、まずは単語帳からひたすら学習するということも大事でしょう。しかし、いざ英語でライティングしたい、話したい、となった時に、単語を知っていても、スッと使い方が出てこないこともよくあります。そのため、私が高校生のときから実践しているのが「イメージをつけて単語を覚える」ということです。簡単にいうと、中々覚えられない単語は、その単語を含んだ例文ごと覚えてしまうことで、「こんなシチュエーションで」「こんなニュアンスで」使う、ということを一気に覚えてしまうということです。この方法をしていると、定着率が上がることに加え、単語を見た時に、その例文のシチュエーションが頭に浮かぶので、リーディングでは理解がしやすい、文章を作る時も単語選びが楽になるような気がします。

    またシチュエーションごと覚える、というのは私にはピッタリ合っていました。高校生の時に、ALTの先生と英会話の練習をしていて、会話の中で「ふた」の単語が分からなかった私は、意味がわからずポカーンとしていました。すると、先生が色んな「ふた」をつかった例文を私に提示しました。そこで「あ、ふたのことか!」と理解した私は、「ふた」という単語を見るたびに、その一連のシチュエーションと例文を思い出します。

    そのような経験もあり、覚えにくい単語ほど、日常の身近なシチュエーションの例文とセットにして覚えると、定着率も、実際に使う時のひらめき具合も上がるように思います。
  2. 使える英語を近道で覚える

    これは本物の英語から盗む。ということです。洋楽・洋画から学ぶ。これはよく言われている勉強方法です。私は留学前から留学中もずっと「本物から学ぶ」ことを徹底していました。大学の授業をきっかけに始めたのが、大好きなバックトゥザフューチャーや英語のYouTubeを、字幕を付けながら見ることで学習する方法です。この方法が一番「使える英語」を学べた気がします。

    まずは好きな題材を選ぶので学習することへのストレスが減ります。私は字幕を付けて映像を見て、慣れてきたらシャドーイング、そして、初めて触れる表現や単語を見つけたら別のノートにメモをしていました。何が他の方法と違うのかというと、海外の友人と話しているときに、「今この場面であの表現使えるじゃん!」と、身に着けてから使えるようになるまでの効率が圧倒的にいいように感じました。

    この方法はインプットとアウトプットの往復がすぐに行えたことで、実感できたもので定着率も高かったです。ですが、海外にいないといけない、というわけではないと思っています。私自身、オンライン英会話・オンライン留学など、自宅にいながらこれらを体験しました。本物の使える英語をインプットし、アウトプットを繰り返す、これは英語を話せるようになる近道だと感じます。
  3. 英語を使う時は弱気にならない

    私が留学中に一番苦しんだ壁でした。自分の英語に自信がなく、分かっていても、話さずにいる。オンラインで会話をしていても、通じなかった時が怖く、確実に間違っていない言葉を使って会話をしてしまっていました。しかしこれが一番、英語が伸びない原因だと思いました。私達が思っている以上に、相手は私達が話す言葉を理解しようと努力してくれます。

    例えば、私たちが、外国人につたない日本語で話しかけられたら、分かってあげようとすると思います。英語が流暢に話せないことで、相手に迷惑をかけるとマイナスに考えがちですが、どれだけぎこちない英語でも話すことに意味があると思います。特にオンライン英会話などでは、私たちが伝えたいことをくみ取って、例文を提示してくれたり、この言い回しもあるよ、と教えてくれたりもします。ついつい弱気になってしまいがちですが、一個殻を破ると、学びと成長だらけだと痛感しました。

むやみに勉強しない

英語の難しさ、具体的な学習方法の一例をご紹介してきましたが、共通してもっとも大事なのは、学習したことを点と点で結びつける作業を怠らないことだと思います。資格のための英語学習、テストのための英語学習、話せるようになるための英語学習、目的は人それぞれだと思います。しかし、点と点で学びを繋げることは共通して行えます。

単語を例に挙げてみます。単語は単語だけ覚えるのではなく、例文で実践的に覚える、そして英語に触れていると、この場面でも使えるの?これは知っている意味じゃないかも?このような疑問に当たります。そこでその小さな疑問を飲み込まずに調べてみる。すると新たな使い方・意味を知る。そして実際に使う機会を作り、話してみる。このような些細なステップを見逃さずに、面倒くさがらずに、学習を続けていると、思っている以上に実践的な深みのある英語が身についていくと思っています。

英語学習必須アイテム

中学英語をひとつひとつわかりやすく

https://amzn.to/4crAhKp

高校英文法をひとつひとつわかりやすく

https://amzn.to/43EhiYT

【CD・音声DL付】キク英文法

https://amzn.to/3TA3MB9

究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語

https://amzn.to/3J0FgE5

英語耳 発音ができるとリスニングができる

https://amzn.to/3TA3Tg3